台湾3泊4日(その1)

投稿日: カテゴリー: お知らせ日々のこと

先日お休みをいただき台湾へいってまいりました。

いつもどおり旦那さんお留守番、娘たちと女3人の旅です爆  笑

 

 

台北へは何度か行ったことがあるんですが、今回は台南、台中へも足を伸ばしてきました。

 

 

飛行機はいつものお安いピーチを利用。

最初は「せっま~、ぼっろ~」と思いましたが、最早これが普通に感じてしまう(笑)

台湾へは関空から3時間なので、体力的にも気になりません。

 

 

台北についたら予約しておいた新幹線のチケットを受け取り、まずは台南へGO!

にん

 

3日間のフリーパス。

7000円ほど。

いちいちパスポートと一緒に、有人の改札で提示、通らなければいけないのは少々面倒だけど、このお値段で利用できるのはありがたい。

3日間使いまくります。

 

今回の旅では生まれて初めてホステルを利用しました。

台南 ジャーニー ホステル(Journey Hostel)

WEBでの評判はとてもよかったけど、実際はどうなんやろうな~、と若干心配していたんですが、ホテルについたらそんな心配が吹き飛ぶくらい素敵でびっくり。

 

フロントの女の子は大学生くらい?のとても若い女性が二人。
英語も流暢で丁寧、親切。

空調もしっかりきいていて、清潔なお部屋は広々。

これで一泊6000円ほど。

3人で泊まったので、一人2000円!びっくり

 

 

台南での楽しみは、食べ物。

台南は「食は台南にあり」といわれるほど、台湾で美味しいものが沢山あるところといわれているので、どれだけ食べれるか、胃袋の限界に挑戦だーーー!爆  笑

 

 

台南最初のごはん。

度小月 台南本舖老店で担仔麺と空芯菜の炒め物。

写真はないどけ豚足もオーダーしました。

担仔麺、朝からほとんど食べていなかった胃袋にしみこむ~

豚足ぷりぷり、空芯菜しゃきしゃき。

間違いない味、どれも超美味しいラブ

 

 

この時、外は気温36度。

かんかん照りの太陽の下、体感的には39度はありそうでしたが、気合をいれて観光へ。

 

 

 

2014年に生まれ変わった歴史深いモダン建築の「林百貨」

入店するのに並ぶ日もあるそうですが、平日のこの日はすんなり入店できました。

中もとても良い雰囲気で、普通の百貨店とは違い、台南のご当地ものや台南のクリエイターさん、デザイナーさんの商品が沢山。

どれもこれもすごくお洒落で素敵。

クーラーがきいているのもありがたかった爆  笑

 

 

おしゃれなドリップポッド。

 

 

幸せがいっぱいやってきそうな可愛い食器。

 

 

さぁお次!

台南といえば、フルーツを食べねばっ!

 

地図をみながらテクテク歩いて・・・・

(写真は家族の中で唯一地図が読める長女です)

町並みもノスタルジックでほんと素敵。

 

 

泰成水果店

台南の老舗フルーツ屋さん。

着いたら、お店は満席。

でも、ちょっと待ってたらお店のおかあさんが「何人?3人?じゃあこっちに座って」と案内してくれました。

おかあさん、優しいラブラブ

 

 

メロン半分にマンゴーアイス、マンゴーシャーベット、苺シャーベット乗せたやつ。220元、日本円で800円ほど。

メロンが感動の甘さで、皮ぎりぎりまで食べてしまった(笑)

 

 

 

阿霞飯店(アーシャーファンディエン)

初日の夜はちょっと奮発して、名物の紅蟳米糕(カニおこわ)をたべに

こちらへ。

ガイドブックには「予約をした方がベター」とあったので、予約なしでも大丈夫かな~と心配してたんですが、お席空いてました。

そうそう、このお店はクレカが使えません。

 

 

紅蟳米糕

うす味のおこわの上に蟹、蟹、蟹。

内子がいっぱい、最高にうまい!

 

 

大皿に盛られてきたものを、とても綺麗な女性スタッフの方が「取り分けしましょうか?」と声をかけてくれました。

ここでもスタッフみなさん、すごく丁寧で、サービスが良くて、きびきびしてて、台南のイメージが鰻のぼり爆  笑

 

 

「うなぎ」といえば、こちらも名物、田うなぎの炒めもの。

黒酢がきいたやさしいお味。

田鰻は淡白、臭みはなく、ぷにぷに、くにくにした食感。

しかし、味は良かったんですが、田鰻・・・これは私は苦手でしたあせる

 

 

 

 

いたるところがノスタフジックな雰囲気。

下町が大好きな私としては、台南はとても落ち着く感じ。

 

 

つづきます。